【期間限定】家庭用冷凍ストッカー

ご家庭用冷凍ストッカー 販売中!

前扉タイプ

tbuf88rh tbuf168rh

前扉タイプのメリット

  • 冷凍ストッカーの前面の扉が前に開くタイプです。 チェストタイプの逆で、食材を整理しやすく、取り出しやすいのが特徴です。
  • 食材別に整理したり、先入れ先出し式に食材を取り出したりといったことが容易にできます。
  • 保育園や介護施設などの集団給食施設などでは調理前の食材や調理後の食品(検食:検査用保存食)を一定期間保管することが義務づけられているため、検食用ストッカーとしてもよく利用されます。

デメリット

  • チェストタイプの逆で冷気が逃げ出しやすい
  • 容量は100~200リットル程度と比較的に小型の機種が多い
  • 引き出し式の機種が多く、各引き出しを満杯にすると引き出しが動かなくなる恐れがある
    ※カタログのスペック上同じ容量であってもチェストタイプに比べて実際の収納能力が劣ることにご注意ください。

スライド扉タイプ

tbsf45rh tbsf60rh

スライド扉タイプのメリット

  • 冷凍ストッカーの上部がスライド式の扉になっています。
  • チェストタイプのように冷凍ストッカーの上部の扉が上に開くタイプではないので、カウンターの下などのようにストッカー上に隙間が狭い場所でもご使用が可能です。
  • 比較的に容量の少ないコンパクトサイズで省スペースなタイプです。

チェストタイプ

tbcf60rh tbcf93rh

チェストタイプのメリット

  • 冷凍ストッカーの上部扉を上に開くタイプです。
  • 冷たい空気は常温の空気よりも重いため、上部扉を開くチェストタイプは冷気が逃げにくく、冷温を保ちます。また使用量や用途に応じてコンパクトサイズの機種から500リットルを超える大容量の機種まで用途に応じてサイズを選択できます。

デメリット

  • 食材を上から重ねて保存するため食材を整理しにくい・取り出しにくい
  • ストッカーの上部に扉を開けられるだけのスペースが必要 ※食材別に整理したり、先入れ先出し式に食材を取り出したりしたい方には前扉タイプをお勧めします。

温度調節がとても簡単

つまみを操作するだけの簡単調節
4段階で-18度となります。
※7段階での連続運転はコンプレッサー故障の原因となるのでご注意ください。

放熱板内蔵で背面スッキリ!

放熱板を内蔵することで、余分なでっぱりが解消。最小限のスペースで設置することができます。
作業スペースを確保でき、効率的に調理することが可能です。
(排熱のため、壁とのスペースは10cm以上あけてください。)

ご家庭でも使える単相100V電源

電源は、一般家庭用の100Vコンセントが使用可能。
業務用製品ですが、ご家庭でも電源工事が必要なくご利用いただく事ができます。

確かな性能を証明!
  フォースターマーク付属品

確かな冷凍能力を証明するフォースターマーク付で、安心してお買い求めいただけます。
※フォースターマーク付製品とは?
冷凍室定格内容量100リットル当たり4.5kg以上の食品を24時間以内に-18度以下に冷凍できる製品

ご購入ご検討の際は下記フォームよりお問合せください。

こちらの商品は一部です。
専門家がご家庭に合うサイズや予算に合わせてアドバイスいたします。
お気軽にご相談くださいませ。

冷凍ストッカーの担当事務所より後日 お電話させていただきます。

0

商品はありません

あさくまファームSNS

twitter facebook instagram